D治療にアバナという選択肢

アバナはED治療に効果がある医薬品です。

アバナはステンドラのジェネリック

アバナは勃起不全治療薬(ED治療薬)の中で現在最も新しい、ステンドラのジェネリック医薬品です。

世界初のED治療薬であるバイアグラが日本で発売されたのは1999年で、その後2004年に即効性のあるレビトラ、2007年に持続性のあるシアリスが販売され、2012年に現在最新のステンドラが販売されました。

ステンドラはこれまで販売されていた、バイアグラ、レビトラ、シアリス、それぞれの良いところを併せ持ち、デメリットを極力なくしたED治療薬です。

この最新であるステンドラのジェネリック医薬品であるアバナが既に発売されているのは、開発・販売されている製薬会社が、インドのサンライズレメディーズ社だからです。

インドでは、特許法が他の国とは少し違っていて、成分が特許期間中でも、製法が違えば開発できます。

ということは、ジェネリック医薬品を他の国よりも早く開発・販売する事が出来ますので、既にステンドラのジェネリック医薬品であるアバナが開発・販売されているという訳です。

また、ED治療薬はこれまでは主に、欧米人や西洋人に向けて作られていましたが、アバナはアジア人向けに作られている為、日本人にも飲みやすいED治療薬といえます。

製造元

アバナはインドのサンライズレメディーズ社で開発・販売されています。

1993年に設立された会社で、インドではとても評価の高く、創られる薬は、世界保健機関によって、製造・品質管理基準に基づいています。

また、インドは仏教でも有名ですが、その仏教でよるアーユルヴェーダに従っているので、良心的な運営を示している会社です。

アバナのようなED治療薬だけでなく、心臓病の薬であったり皮膚病の薬など、病院で処方される薬を幅広く製造・販売している、インドの大手企業です。

有効成分

アバナの有効成分は、アバナフィルという成分です。

アバナフィルは、これまでの三大ED治療薬と同様に、勃起を抑制する働きを、阻止する効果があります。

また、吸収率が高いのが特徴で、すぐに効果を実感できます。

アバナフィル

アバナの有効成分であるアバナフィルは、元々は日本の田辺製薬所が創った成分で、即効性があり副作用が少ない勃起不全治療薬です。

2001年にヴィーヴァス社に一部のアジアを除く、全世界での販売・開発権を譲渡し、2012年にアメリカ食品医薬品局から承認を受けて、アバナフィルを保有するED治療薬のステンドラの販売が開始されました。

アメリカ食品医薬品局は、食品から化粧品、医療機器、動物の薬などの製品の許可や、違反品などがないか取り締まる、日本で言うところの厚生労働省の役割の機関ですので、信頼できる医薬品です。

これまでの治療薬よりも即効性があり副作用が少なく、食事の影響を受けにくいとされていますが、併用する食品によっては注意が必要です。

勃起を抑える働きを抑制する事だけでなく、血行を良くし、より勃起を促す働きもあるため、血圧を下げるといわれている食品や硝酸剤系の薬やアルコールなどと一緒に使用するのは注意しましょう。

バイアグラと比較して

バイアグラは、日本でも認知度の高い、世界で始めて発売されたED治療薬です。

その主要成分であるシルデナフィルは元々は狭心症の治療薬として開発が進められていましたが、副作用で勃起を促す作用がある事が分かったので、勃起不全の治療薬としての研究が進められ、1998年にバイアグラという商品名で、アメリカのファイザー社から販売されました。

服用のタイミングは少し気を付けなければならず、食事の影響を受けやすい薬の為、できるだけ空腹時に服用することが推奨されていて、服用した後に食事をするのであれば特に問題はありませんが、

食後などに服用すると薬が吸収されにくくなり、効果が落ちてしまいます。

効果は服用してから1時間程で表れ、5時間ほど作用します。

それに対してアバナは、服用時に注意すべき点はほとんどなく、食事にもほとんど影響を受けません。

また、服用してから15分ほどで効果が表れますので、性行為の少し前に服用しておけば、食後でも関係なく効果が表れ、作用時間はバイアグラよりも長く、およそ8時間ほど作用します。

食事の影響を全く受けないわけではないようなので、より効果を出す為には、少し控えめのお食事が好ましいでしょう。

シアリスと比較して

シアリスはタダラフィルという有効成分を保有していて、とにかく長時間効果が作用し続けるのが特徴です。

世界では2002年から発売され、2013年には、勃起を抑制する働きを阻止するタイプのED治療薬として全世界でのシェアNo.1になる程の人気で、リピート率も高い治療薬です。

日本で発売が開始されたのは2007年で、当時は製造も販売も日本イーライリリー株式会社でしたが、現在は、販売は日本新薬株式会社からされていて、製造は、当時と変わらず日本イーライリリー株式会社が担っています。

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、服用してから緩やかに効果が表れ、最大36時間もの間薬の効果が作用し続けますし、食事の影響も受けにくいので、服用するタイミングを心配する必要がありません。

36時間というと、金曜の夜から日曜の朝まで作用する事になりますので、そのことから欧米などではウィークエンドピルと呼ばれています。

即効性が特徴で、服用してからわずか15分程で効果を発揮するアバナと比べると、食事に影響されないという点では同じですが、緩やかに効果が現れるシアリスとはタイプが違う治療薬と言えますが、勃起力に関してはアバナのほうが効果があります。

レビトラと比較して

レビトラは2003年にドイツのバイエル社とイギリスのグラクソ・スミスクライン社の共同開発で創られた、バイアグラに次ぐ世界で2番目に創られた治療薬です。

日本では2004年にバイエル薬品株式会社から発売されました。

有効成分はバルデナフィルという成分ですが、アバナの有効成分であるアバナフィルと似ていて、体内に吸収されやすく、服用してから15分から30分ほどで効果が表れ、5時間から10時間ほど作用します。

レビトラは食事の影響を受けないといわれていて、その点でも近いと思われますがレビトラよりも後に発売されているシアリスやアバナと比べると食事の影響を受ける治療薬と考えた方がいいでしょう。

バイアグラほど影響するわけではありませんが、食後30分以降に服用するでしたり、700キロカロリー未満で、脂質は30%未満とやや細かく規制がありますので、できれば空腹時に服用するか、食事のカロリーを気にする必要があります。

最新の治療薬であるアバナと比べると、服用してから効果が表れるまでの時間が短い事でしたり、効果が作用する時間などは似ていますが、食事の影響を受けると考えると、レビトラよりもアバナのほうが服用しやすい治療薬と言えます。

icon