D治療にアバナという選択肢

ED治療にアバナはどんな効果があるのか解説します。

アバナの効果

アバナは、これまで販売されてきたED治療薬の中でもとにかく即効性が高い事が特徴として挙げられます。

これまではレビトラが1番即効性があり30分ほどで効果が現れますが、アバナはそれよりも早い15分ほどで効果が現れます。

性行為をする少し前に服用しても、間に合うくらいの速さです。

また、作用時間にも定評があり、長すぎず短すぎない8時間の効果があります。

大体の方の仕事終わりから日付が変わる前後の時間帯ですので、仕事終わりに飲んでもデートの時間効果が作用することになります。

更にアバナは他のED治療薬に比べて、最も食べ物に左右されませんので、お食事をしたり、泥酔しないほどであればアルコールも飲めます。

しかし、最も食べ物に左右されないとは言っても、やはり満腹すぎると効果が薄れる場合があります。

お食事前などの空腹時に服用しておけば、先に吸収されますので特に問題はないのですが、服用したら15分程で効果が現れますので、デート中ずっと性的興奮に敏感になるということです。

その面から考えると出来るだけ直前に服用する事が望ましいので、少しだけお食事の量を気をつけて服用すればより効果を発揮できるでしょう。

アバナの作用機序

アバナは、アバナフィルという成分ですが、これまで販売されてきた三大ED治療薬の成分である、シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルと同様に、勃起を抑える働きを、抑える効果のある治療薬です。

勃起をする働きは、サイクリックGMPという物質が必要となっています。

これは、視覚や感覚などから性的興奮をし、その刺激は脳から様々な神経を通って性器に届きます。

その際に、性器の筋肉を緩める作用をするのがサイクリックGMPです。勃起をよりする為に働くのでアクセルのようなイメージです。

それを分解して抑制する働きがPDE5という働きです。これは、勃起を抑える働きですので、ブレーキのようなイメージです。

通常であれば仕事中や外出中などに性的な興奮があった場合、勃起するわけにはいきません。その際に働くのがブレーキであるPDE5です。

勃起を促すアクセルのサイクリックGMPが増えると、同時に勃起を抑制するブレーキのPDE5も増えてしまいます。

しかし、性行為を行う場合には、出来るだけ勃起状態を長く保つ必要があります。

そこで、これまで販売されてきたED治療薬は共通してPDE5阻害薬といわれていて、勃起を抑制するPDE5を抑制する効果があります。

アバナの特徴

これまでのED治療薬の中でも、1番食事の影響を受けないという特徴があります。

作用時間は8時間ほどと短くもなければ長くもないといった具合ですので、通常のデートには十分な時間であると言えます。

その間食事や、アルコールを飲むことを気にせず、好きなタイミングで服用できるのはとても飲みやすいと言えます。

さらに効果の強さですが、バイアグラよりも強いという方もいるほどパワーがあります。

これは薬との相性もありますが、バイアグラにあまり効果を持てなかったが、アバナを服用したところ効果を実感したという意見もあるほどです。

いつでも服用できて、パワーもある治療薬ですが、もう一つ大きな特徴があります。

それは、服用してから効果が現れるまでにかかるのはわずか15分という、レビトラよりも即効性のある治療薬ということです。

デートをしても性行為をするか分からないという場合でも、決まった時に服用しても遅くありません。

三大ED治療薬の良い所を集めたようなアバナですが、これまでとは違い、欧米人や西洋人に向けて作られていたED治療薬ではなく、初めてアジア人に向けて作られた治療薬と言われていますので、日本人にもより合う方が多いでしょう。

icon