D治療にアバナという選択肢

アバナは通販で買うことができます。

アバナの入手方法

現在最新のED治療薬で、三大ED治療薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスのいい所取りをして造られたといわれているアバナの先発薬であるステンドラは2012年にアメリカで販売が始まっていて、韓国などのアジアやヨーロッパ、インドでも販売されています。

しかし、日本ではステンドラも、そのジェネリック医薬品であるアバナもまだ販売されていません。

それは日本ではまだアバナの処方・販売が許可されていないからです。

現状未承認なので病院では処方されない

海外で創られた医薬品を日本で販売するには、厚生労働省からの許可が必要です。

それは、有効性や安全性を確保する為に、製造・販売の後の安全対策までを一貫して規制されていて、様々な審査などを経て日本で処方してもいい医薬品と認定されます。

アバナはまだその承認がされていない為、バイアグラやシアリス・レビトラの様に病院で処方することができず、日本国内ではどこでも販売することができない医薬品となっています。

個人輸入代行サイトを使う

アバナを手に入れるためには海外へ行かなければならないのかというと、そうではありません。

ネットショッピングの様に購入できる個人輸入代行サイトを使用すれば、日本に居ながら海外医薬品を購入できます。

amazonや、楽天などのような通販サイトではアバナも含めて海外医薬品の販売されていません。

このような通販サイトではなく、個人輸入を代行で行ってくれるサイトが存在します。

自分だけで海外の医薬品を購入するには、製薬会社や医薬品を販売しているお店を探さなければなりません。

また、語学力も必要となりますし、本当に信用できる製薬会社・販売店なのかの判断もしなければなりませんし、注文までできたとしても、本当に自宅まで届くかも保証はありません。

そこで、個人輸入代行サイトを利用すれば、外国語を話す必要もないですし、製薬会社や販売店などを探す必要もなく、ネットショッピングをするように商品を選び、日本円で購入する事ができます。

個人輸入とは

個人輸入というのは、日本では処方されていない薬を海外から個人で使用する目的の為に購入する事を言います。

アバナの様に、日本では販売してはいけない薬で、処方もされていませんが、個人で使用する目的であれば海外から取り寄せて購入し使用する事ができます。

しかし注意点があり、個人輸入という名前から想像できると思いますが、あくまで、個人で使用する目的ということと、決められた数量を守るという事です。

これは薬事法で決められていることで、このルールさえ守れば、簡単に購入できます。

また、外国から送られてくる医薬品という事で、宛名が会社名となると税関で止められてしまう可能性がありますし、個人の目的という事が分かりかねるため、必ず個人名で購入しましょう。

個人輸入とは

個人輸入というのは、日本では処方されていない薬を海外から個人で使用する目的の為に購入する事を言います。

アバナの様に、日本では販売してはいけない薬で、処方もされていませんが、個人で使用する目的であれば海外から取り寄せて購入し使用する事ができます。

しかし注意点があり、個人輸入という名前から想像できると思いますが、あくまで、個人で使用する目的ということと、決められた数量を守るという事です。

これは薬事法で決められていることで、このルールさえ守れば、簡単に購入できます。

また、外国から送られてくる医薬品という事で、宛名が会社名となると税関で止められてしまう可能性がありますし、個人の目的という事が分かりかねるため、必ず個人名で購入しましょう。

メリット

まず処方箋がいらないのでお値段が安いことが多いです。

病院で薬を貰う際には、簡単に流れを見ると、医師の診断を受けて、医師が処方した薬を購入します。

それには、診断料も含まれていますし、薬によっては調合することでまた料金が発生します。

専門の知識を持っている医師に正しく説明されるという点では安心なので1回だけであればいいのですが、これが何回も繰り返されると費用は安くはありません。

1度処方されたことがある薬など、薬の正しい知識を持っていれば、薬の代金のみで購入できます。

また、ED治療薬という少しプライベートな目的であるため、医師の診断を受けるのに抵抗がある方もいらっしゃいます。

その場合でも、個人輸入であれば誰かと顔を合わすことなく購入できる為、購入しやすいといえます。

更に、個人輸入代行サイトはネットからの注文の為、ご自宅や出先でも空いた時間に購入する事ができます。

忙しくて時間がない方でもとても購入しやすいと言えます。

デメリット

安く購入できますが、その分危険も伴います。

処方箋というのは、医師の指示ですのでその薬を服用する責任は医師にあります。

予期せぬ副作用等があってもすぐに治療してもらえますが、処方箋がないという事は責任は全て自分自身にあります。

正しい服用方法が分からなかったり、間違った知識のまま服用する事で、重篤な副作用を招く可能性があります。

たとえ正しく服用しても飲み合わせなどによっては、相性が悪く良くない反応をする場合もある為、入念に調べて理解する必要があります。

また、個人輸入代行サイトは数多く存在します。中には悪徳なサイトもある為、偽者が送られて来ることもあります。

様々なサイトを見て比較する必要がありますが、口コミなどを見たりすることも信用できる通販サイトを見つける判断材料にもなります。

それだけではなく、あまりにも安すぎる場合は、まず疑いをかけた方がいいでしょう。

信用できる通販サイトを見つけることも少し手間を感じるかもしれませんが、大事な事です。

おすすめ通販サイト

数ある個人輸入代行サイトですが、その中でもお薬110番をお勧めします。

お薬110番は、日本人スタッフが対応していますし、ネットからだけでなく電話でも注文ができます。

最初に名前・住所・連絡先を登録しておけば、2回目からの注文は商品を選んで、代金を支払うだけです。

ポイントも貯まりますし、支払い方法によっては5%オフされたり記載されている値段よりも安く購入する事ができます。

1度購入した後はメルマガ登録していると、たまにクーポンが発行されるのでよりお得に購入できます。

icon